MENU
この記事の著者
moco

 理学療法士 moco

\ ご覧いただきありがとうございます /

40代理学療法士が転職を成功させるポイント!おすすめの転職戦略を解説します

40代理学療法士の転職
悩んでいる人

40代になって転職しようか悩んでいます。そもそも40代の理学療法士って転職需要があるのか不安。

こんな悩みを解決します。

この記事の内容
  • 40代理学療法士の転職事情
  • 40代理学療法士の年収相場
  • 40代理学療法士の転職戦略
  • 転職で注意すべきポイント
  • 転職を成功させるために必要なこと

40代理学療法士は、スキルアップ、体力面の低下、家庭の事情など様々な理由から働き方について考え直す人もいます。

経験年数からすれば中堅からベテラン社員の域に入り、「いまさら転職って需要があるんだろうか」と不安に思いますよね。

結論からお伝えすると、40代理学療法士でも転職は可能です。

しかし、20~30代と比べると転職難易度は高いと理解したうえで、戦略的に転職活動を進める必要があります。

そこで、本記事では40代理学療法士の転職事情とおすすめの転職戦略について解説します。

moco

40代の失敗のない転職をしたいと考えている理学療法士の方に参考になる内容になっています!

≫いますぐ40代の理学療法士におすすめの転職サイトを知りたい方はこちら

目次

40代理学療法士の転職事情

40代理学療法士の転職事情
40代理学療法士の転職事情

40代理学療法士の転職難易度が高いのは事実

一般的に、40代理学療法士の転職は厳しいと言われています。

なぜなら、業界自体の年齢層が低く、フレッシュな人材の採用を優先させたいという経営側の意図があるからです。

moco

業界的に40代でも管理部クラスの人材は多いです。

若手中心の人材の中に経験豊富なベテランが入ると、周囲も気を遣い働きづらさを感じる可能性もありますよね。

さらに、理学療法士の売り上げはベテランも若手も一緒という現実があります。

すると、病院側としては大きな取り柄はないけど給料は高い40代より、フレッシュで柔軟な20代を採用したくなります。

40代理学療法士に求められるスキル

40代理学療法士の転職難易度は高いというお話をしましたが、全く需要がないわけではありません。

経験年数を積んだ40代だからこそ活かせるスキルを求めている病院・施設もあります

40代理学療法士に求められるスキルとしては以下のものが挙げられます。

  • 豊富な現場経験による即戦力
  • 管理者としてのマネジメントスキル
  • いままでの経験で培った高い知識・技術
  • 上席と現場で働く療法士とのコミュニケーションスキル
moco

求められるのは即戦力だけではありません

管理者や指導者の立場として、病院・部門全体の円滑な運営や人材育成を行う能力を求められることが多いです。

40代理学療法士の転職のメリット・デメリット

理学療法士が40代で転職するメリットとデメリットを挙げてみます。

メリット
デメリット
  • 実績や経験を評価される
  • 即戦力になれる
  • ライフスタイルに合わせた働き方が可能となる
  • 役職につける可能性
  • 年収アップが見込める
  • 転職先が制限される
  • 経験のない領域は転職しづらい
  • 体力面の不安
  • 年収が上がる保証はない
  • 職場に馴染みづらい可能性
moco

40代の転職は成功すればメリットが大きい、逆に失敗すればデメリットが大きいです。

つまり、40代の転職は戦略がとても重要です。詳しくは後ほど解説しますね。

40代理学療法士の年収相場

40代理学療法士の年収相場
40代理学療法士の年収相場

40代理学療法士の年収相場について以下のことが言えます。

  • 全産業の平均年収より高い
  • 男性より女性の方が高い
  • 組織規模が大きいほど年収が高い

それぞれについて詳しく解説しますね。

※参考

厚生労働省|令和3年賃金構造基本統計調査結果の概況 国税庁|令和2年民間給与実態統計調査結果

全産業との年収比較

理学療法士の年齢別の平均年収
理学療法士の年齢別の平均年収

40代理学療法士の年収は、40代前半で487.2万円、40代後半で515.8万円です。

全産業においては、40代前半で470万円、40代後半498万円ですから、40代理学療法士の年収は平均より上ということが分かります。

しかしながら、40代だから年収が上がるというわけではありません。

moco

中途入社では経験年数が給料に考慮されない、また役職がつかない場合は、平均年収を下回る可能性も十分にあります。

男女別で年収比較

40代理学療法士の男女別の平均年収
40代理学療法士の男女別の平均年収
男性女性
40代前半514.5万円459.3万円
40代後半536.0万円489.8万円

つづいて、40代理学療法士は男女で年収にどれほど違いがあるのでしょうか。

40代全般に、女性より男性理学療法士の方が年収は高いです。

これは、男性の方が出産や育児によるキャリアストップがない、役職者が多いなどなどの理由が挙げられます。

組織の規模別で年収比較

40代理学療法士の組織記簿別の平均年収
40代理学療法士の組織記簿別の平均年収

40代理学療法士の年収を、病院・施設などの組織規模別で比較してみます。

すると、40代前半・後半ともに組織規模が大きい方が年収が高い、そして年収上昇率も高い傾向にあることがわかります。

moco

母体の大きい組織の方が、高年収を狙いやすいということですね。

40代理学療法士の転職戦略おすすめ3つ紹介

40代理学療法士におすすめ3つの転職戦略
40代理学療法士におすすめ3つの転職戦略

40代理学療法士の転職は難易度が高い言われていますが、応募可能な求人自体は全然あります。

しかし、好待遇で高年収など思い通りの転職を実現させるには、希少価値・需要・経験スキル、この辺りを活かして戦う必要があります。

ここでは、40代理学療法士におすすめしたい3つの転職戦略について解説します。

40代理学療法士におすすめの転職戦略
  1. 管理者、役職者などのポジション
  2. 人手不足の介護分野
  3. 理学療法士の経験・スキルを活かした一般企業

①管理者、役職者などのポジション

1つ目は、管理者、役職者などのポジションを狙うことです。

理学療法士は平均年齢が35歳と低く、40歳以上の割合は25%程度です。

管理者、役職者を担うことができる経験豊富な人材はまだ需要があります。

特に注目すべきは介護分野の管理者

介護分野は近年も新規開設が多く、事業立ち上げに伴う管理者募集が出ており狙い目です

moco

経験スキルを活かしながら役職付きになることで、年収アップを見込める可能性も高いです。

参考:厚生労働者データ
医療施設調査・病院報告(結果の概要)
令和2年介護サービス施設・事業所調査の概況

②人手不足の介護分野

2つ目は、人材不足の介護分野への転職です。

介護業界が人手不足なのは有名な話、それは理学療法士も同じです。

特に在宅介護への回帰という点から、訪問リハ、デイケア、リハビリ特化デイの需要が高いです。

注意点をあげると、働く場所によっては年収が低いという点です。

moco

高年収を狙いたい人は、将来的な管理者またはプレイングマネージャー(現場に入る管理者)のポジションを視野に入れておくと良いかもしれません。

※介護分野で働くことに興味がある方は、「介護分野で働きたい理学療法士へ|活躍できる場所と業務の特徴」をぜひ参考にしてください。

③理学療法士の経験・スキルを活かした一般企業

3つ目は、理学療法士の知識・スキルを活かした一般企業という道です。

一般企業で働く理学療法士の割合はまだまだ少ないです。一方で、理学療法士の知識や経験スキルを求めている企業は増えてきています

確かな経験スキルがあるなら、一般企業でも活躍できる可能性は十分にあります。

moco

企業によっては給料・福利厚生も充実している職場もあります。

年収アップしながら新しい道を開拓したい方にはおすすめ!

※理学療法士から一般企業への転職については、「理学療法士から一般企業への転職を成功させるポイント」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

40代理学療法士が転職で注意すべきポイント

40代理学療法士が転職で注意すべきポイント
40代理学療法士が転職で注意すべきポイント

ここでは、40代理学療法士が転職で注意すべきポイントを紹介します。

転職で注意すべきポイント
  • 体力的な問題を考えておく
  • 謙虚さと柔軟な考え方を意識する
  • 退職してから転職活動をはじめない
  • 長く勤めることが出来る職場を選ぶ
  • 転職時期は考慮した方がいい場合も

体力的な問題を考えておく

40代からは身体の衰えをより一層感じやすくなります。

実務が多くなる理学療法士の業務では、体力的な負担を考慮しておいたほうがいいです。

謙虚さと柔軟な考え方を意識する

経験年数、前職場での実績があっても、新しい環境では1年目に変わりありません。

今までの当たり前がすべて通用しないことは理解しておくべきです。

moco

謙虚な姿勢を忘れず、新しい環境に柔軟に適応できるよう心がけましょう。

退職してから転職活動をはじめない

一旦退職してから、失業保険を受給しながら次の転職先を探すことも可能です。しかし、40代の転職ではその方法はおすすめしません

なぜなら、40代の転職は先ほど述べたようにリスクが大きいからです。

悩んでいる人

転職活動を進めていくうちに「前の職場の方が良かった」なんてことも・・・

一度退職してしまうと後戻りが出来なくなるので、退職は早めるべきではないです。

長く勤めることが出来る職場を選ぶ

40代の転職は難易度が高い、50代だとさらに転職は難しくなるでしょう。

そのため、安心して長く勤めることが出来る職場を選ぶことが大切です。

待遇、人間関係、体力面などを検討して、転職先を絞っていきましょう。

転職時期は考慮した方がいい場合も

管理者や役職付きの転職を狙う場合は、転職時期を考えたほうが良いです。

基本的に管理者などの人たちもキリの良い9月末・3月末まで働いて退職する割合が多い傾向にあります。

その後任を目指すなら、その時期に合わせて転職活動を進めて行く必要があります。

40代理学療法士の転職を成功させるために必要なこと

40代理学療法士の転職を成功させるために必要なこと
40代理学療法士の転職を成功させるために必要なこと

40代理学療法士の転職を成功させるために必要なことを紹介します。

転職を成功させるために必要なこと
  • 自分のキャリア・強みを認識する
  • 将来のキャリアプランを明確にする
  • 焦らず長い目で転職活動をしてみる
  • 転職エージェントを活用する

自分のキャリア・強みを認識する

転職活動の第一歩としてまずは、自分のこれまでの経験を振り返り、自分のスキルや強みを深堀してくことが大切です。

これはキャリアの棚卸ともいいます。自分を客観視することで新たな強みを発見することができ、転職の幅も広がりますよ。

将来のキャリアプランを明確にする

今だけでなく5年後、10年後に自分がどのように働いていきたいかを考えておくことは、今後の人生を充実させるうえでとても大切です。

キャリアプランを考えておくことで、自然と今やるべきことも明確になり仕事のモチベーションもアップします。

焦らず長い目で転職活動をしてみる

早急に転職しなければならない理由がない限りは、焦って転職活動を進めるべきではないです。

なぜなら、転職の焦りは失敗に繋がる可能性が高いからです。

moco

とりあえず転職サイトへ登録しておいて、じっくりと条件に合う求人を探すのが転職成功への近道ですよ。

転職エージェントを活用する

40代理学療法士の転職を成功させるなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは、希望条件や経歴・スキルに合った職場を紹介してくれる転職支援サービスです。

求人側の採用担当者とも直接やりとりをしており、「こういう人材が欲しい」というニーズを把握しています。

moco

「40代のキャリア豊富な管理部候補を積極的に採用したい」

そんな職場を紹介してもらえる確率も上がりますよ。

40代理学療法士におすすめの転職エージェント

40代理学療法士の転職におすすめの転職エージェントはこちらです。

PTOTSTワーカー
実績No.1の転職サイトを選びたい人におすすめ

PTOTSTワーカー

公式https://ptotst-worker.com/

  • 業界求人数・紹介実績ともにNo.1
  • 病院・クリニックの求人に強い
  • 転職活動の手厚いサポート
  • LINEで気軽に相談できる

\ かんたん3分で登録完了/

※簡単1分で登録可能


PTOT人材バンク
豊富な求人を紹介して欲しい人におすすめ

PTOT人材バンク

公式https://www.ptotjinzaibank.com/

  • 実績豊富な老舗エージェント
  • 介護分野、訪問、小児の求人に強い
  • ハローワーク求人が検索できる
  • 医療・介護業界に精通したアドバイザー多数

\ かんたん3分で登録完了/

※簡単1分で登録可能


マイナビコメディカル
手厚い転職サポートを受けたい人におすすめ

マイナビコメディカル

公式https://co-medical.mynavi.jp/

  • 関東・東海地方の求人数豊富
  • マイナビ独自の転職ノウハウで安心のサポート
  • 転職初心者や若手の転職おすすめ

\ かんたん3分で登録完了/

※簡単1分で登録可能


40代理学療法士の転職まとめ

今回は、40代理学療法士の転職事情についてお伝えしました。

この記事のまとめ
  • 40代理学療法士の転職は、20~30代と比べると難易度は高い。
  • おすすめの転職戦略:①管理者、役職者のポジション②人手不足の介護分野③一般転職
  • 将来のキャリアプラン・目標設定を明確にして転職活動に取り組む
  • 転職活動を手厚くサポートしてくれる転職エージェントを活用しよう!

もう一度言いますが、40代理学療法士の転職難易度は高めです

しかし、経験年数を積んだ40代だからこそ活かせるスキルを活かせば、理想の転職を手に入れる可能性が高まります。

moco

40代の転職活動は転職エージェントを活用することで、より条件の良い求人に出会える可能性が高まります。

転職エージェントの登録は下記リンクから可能です。ぜひこの機会に登録して、求人探しから始めてみましょう。

  • リハビリ業界に強い転職エージェント!

PTOTSTワーカー | リハビリ業界実績No.1 ※転職エージェント最大手で求人が豊富。まずはここに登録しておきましょう。
PTOT人材バンク | 幅広い求人を取りそろえる ※こちらも大手転職エージェント。ハローワーク求人の取り扱いもあり。
マイナビコメディカル | マイナビ運営の安心感 ※転職がはじめての方におすすめです。入職後の定着率が高い。

※より詳しく知りたい方は「理学療法士の転職サイトおすすめランキング7選|利用者の口コミ・評判から徹底解説」を参考にしてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

目次