MENU
この記事の著者
moco

 理学療法士 moco

\ ご覧いただきありがとうございます /

介護分野で働きたい理学療法士へ|活躍できる場所と業務の特徴

介護業界で働きたい理学療法士が活躍できる場所
悩んでいる人

介護分野で理学療法士として働いてみたいと考えています。どんな働き方ができるか知りたいです。

こんな悩みにお答えします。

  • 本記事の内容
  • 介護分野で働く理学療法士業務の特徴
  • 介護分野で活躍できる職場
  • この記事を書いた人
この記事の著者
moco

 理学療法士 moco

理学療法士のなかには、「介護分野で働いてみたい」「どんな仕事内容か知りたい」と考えている人もいるのではないでしょうか。

理学療法士が介護分野で活躍できる場は増えてきており、今後も需要は増えてくることが予想されます

そこで今回は、介護分野に興味がある理学療法士が活躍できる場所と仕事内容について解説していきます。

moco

この記事を読めば、理学療法士の介護分野での働き方がわかります。

目次

介護業界で働く理学療法士業務の特徴

介護施設における理学療法士の役割は、「対象者に理学療法を実施し自宅への復帰や心身機能の維持を図ること」です。

介護分野で働く理学療法士業務の特徴
  • 介護現場で理学療法士の専門性を活かした提案ができる
  • 劇的な身体機能や動作能力が改善することは見込めないことが多い
  • より生活に密着したリハビリテーションの提供が必要
  • 利用者と長期的な関係性を築いていけるコミュニケーション能力が大切

1つずつ解説していきます。

介護現場で理学療法士の専門性を活かした提案ができる

介護現場のサービス担当者会議やカンファレンスにおいて、理学療法士の専門知識を活かした助言や提案をすることができます。

理学療法士の得意分野であるボディメカニクスの観点からみたポジショニングや基本動作介助指導など、介護現場のスタッフや家族にとっては有益な知識です。

moco

介護現場でのスタッフの身体負担を軽減するような介助指導などを行うのも喜ばれるかもしれませんね。

劇的な身体機能や動作能力が改善することは見込めないことが多い

介護現場での理学療法士の対象は、医療現場と比較し劇的な改善が望めない高齢者の方々が多いです。

身体機能や動作能力の改善というより、身体機能の維持や動作介助量の軽減、将来に向けた予防的なアプローチ介入が中心となります。

活動性を維持をしつつ、生活の質(QOL)をあげるようなリハビリテーションの提供が重要になります。

より生活に密着したリハビリテーションの提供が必要

介護現場では、より利用者さんの日常生活に寄り添ったリハビリテーションの提供が必要となります。

訪問リハビリなどでは介助者への指導、必要な義肢装具や福祉用具のアドバイス、住宅改修の提案といった業務も必要となります。

ここがポイント!

「地域包括ケアシステム」を支える柱の一つとして理学療法士が期待されています。

利用者と長期的な関係性を築いていけるコミュニケーション能力が大切

介護現場では一人の利用者と長期的な関係性を築いてくようなリハビリテーションも必要とされます。

moco

良い信頼関係を築くためには、「コミュニケーション能力」がとても大切です。

利用者さん一人ひとりに寄り添い、それぞれの生活感や価値観に沿ったリハビリテーションを行うことで効果的な理学療法介入が可能となります。

介護現場の他職種スタッフとの連携にも必要なスキルです。

介護分野で理学療法士が活躍できる就職先

介護分野で理学療法士が活躍できる主な就職先を一覧はこちらです。

ここがポイント!

介護分野では施設サービス形態によって人員配置が決まっており、理学療法士として募集しているところ、機能訓練指導員として募集しているところがあります。

機能訓練指導員とは

利用者の日常生活機能の維持向上を目的に適切な機能訓練サービスを提供する者

moco

理学療法士が機能訓練指導員として働くイメージです!

機能訓練指導員について詳しく知りたい人は、『介護分野の求人でよく見る機能訓練指導員とは?PTの働きかたも解説』を参考にしてください。

介護老人保健施設

介護老人保健施設(老健)は、介護を必要とする高齢者(原則:65歳 要介護1以上)が在宅復帰へ向け、看護介護を受けながらリハビリをしていく施設です。

  • 人員配置

    理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が入居者100人対し1人以上
  • 特徴
  • 在宅復帰を目指したリハビリテーション
  • より生活場面を想定した訓練が重要
  • 個別リハだけなく集団リハの対応が必要なことも
  • 在宅復帰支援を目的に住宅改修や福祉用具の選定にも関与
老健の働きかた
  • 入所者のサイクルは3~6カ月、1人の利用者と中長期的に関わる。
  • 在宅復帰を想定した利用者が多い。
  • 介護保険分野の知識も必要。福祉用具や住宅改修のアドバイスを行う。
  • 手当や待遇は整っている施設が多い。
  • 給与は施設系のなかでは特養についで高い傾向。
  • 年間休日110日前後、4週8休シフト制の施設が多く、土日勤務もありえる。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

介護老人福祉施設(特養)は、在宅での生活が困難になった要介護状態の高齢者(原則:65歳 要介護3以上)が介護を受けながら生活をする施設です。看取りまで対応しています。

  • 人員配置

    機能訓練指導員1人以上
  • 特徴
  • 維持期のリハビリテーション
  • 機能訓練よりQOLを高めるようなリハビリが必要
  • 施設によってはレクリエーション担当や身体介護まで行う
  • 同施設介護士などへの技術指導や施設内の福祉用具の選定・管理業務が必要なことも
特養の働きかた
  • 介助量が多く体力が必要。
  • 1人の利用者と中長期的に関わる。看取りまで入ってくるので、精神的疲労も考慮が必要。
  • 機能訓練員として、他職種とコミュニケーションをとる調整能力が必要。
  • 手当や待遇は整っている施設が多い。
  • 給与は施設系のなかでも高い傾向。
  • 年間休日110日前後、4週8休シフト制の施設が多く、土日勤務もありえる。

介護医療院

介護医療院は、医療ケアと介護サービスの両方を必要とする要介護の高齢者(原則65歳以上 要介護1以上)が、長期間安心して生活していくための施設です。

  • 人員配置

    理学療法士・作業療法士・言語聴覚士適当数
  • 特徴
  • 医療ケアと介護の両方を提供している施設
  • 維持期リハビリテーションが中心
  • 機能訓練よりQOLを高めるようなリハビリが必要
  • 医師・看護師等と連携したチーム医療
介護医療院の働きかた
  • 1人の利用者と中長期的に関わる。
  • 医学管理が必要な患者もおり専門知識が必要。
  • 他職種とコミュニケーション能力が必要。
  • 手当や待遇は整っている施設が多い。
  • 年間休日110日前後、4週8休みシフト制の施設が多く、土日勤務もありえる。

高齢者向け住まい(有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・グループホーム)

高齢者向け住まい(有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・グループホーム)は高齢者が安心安全に生活するための施設です。

  • 人員配置

    理学療法士の求人自体は少ない
    ※介護付きは機能訓練指導員を募集しているところも
  • 特徴
  • 施設サービスは入居者の安否確認・食事提供・掃除など生活支援が中心
  • 介護サービスやリハビリは一部を除き外部へ依頼
  • リハビリを利用する場合は外部から訪問リハを呼ぶ場合が多い

通所介護

通所介護(デイサービス)は、要介護者(要介護1以上)が日帰りで入浴・食事・排泄介助、その他レクリエーション、機能訓練などを通して心身の健康と自立的な日常生活をサポートする場所。

  • 人員配置

    機能訓練指導員を1人以上
  • 特徴
  • 機能訓練指導員としてレクリエーションや機能訓練を担当
  • 生活場面を想定した動作能力の獲得をサポート
  • 高齢者の社会的な接点を設ける場
  • 生活リズムのサポートや趣味活動の提供まで行う
デイサービスの働きかた
  • 機能訓練に重点を置いたデイサも増えており、理学療法士の求人も増加傾向。
  • 日曜日休み(土日休み)が多く残業は少なめ。
  • 年間休日120日前後の求人もある。

通所リハビリテーション

通所リハビリテーション(デイケア)は、要介護者(要介護1以上かつ医師が必要と認めた者)が老人保健施設、病院、診療所などに日帰りで通い、身体機能の回復維持を目的としてリハビリをする場です。

  • 人員配置

    理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が入居者100人対し1人以上
  • 特徴
  • 在宅での生活を想定したリハビリテーションの提供
  • 住宅改修のアドバイスや福祉用具の選定にも関わる
  • デイサと比べリハビリ意欲が高い利用者が多い
デイケアの働きかた
  • 住宅改修や福祉用具の選定に関わるため介護保険分野の知識が必要。
  • 送迎などリハビリ以外の業務も行うことある。
  • 利用者のご家族にリハビリ状況を伝えたり相談を受けたりすることもある。
  • 日曜日休み(土日休み)が多く、残業もは少なめ。
  • 年間休日120日前後の求人もある。

訪問リハビリテーション・訪問看護

訪問リハビリテーション・訪問看護は、要介護者(要介護1以上かつ医師が必要と認めた者)の家庭へリハビリ専門職が訪問して日常生活の自立に向けたリハビリテーションを実施します。

  • 人員配置

    理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を適当数
  • 特徴
  • 利用者の家庭へ赴き、心身状況に合わせた個別リハビリテーションを提供。
  • より生活場面に合わせた訓練が重要。
  • 一日4~7件前後訪問する場合が多い。
  • サービス担当者会議への出席や住宅改修、福祉用具の選定などにもかかわる。
訪問看護・訪問リハの働きかた
  • 最近の在宅回帰の流れから、需要は拡大中であり求人は多い。
  • 一人で訪問となるので経験がないと戸惑いやすい。
  • 車、バイク、自転車などで移動が必要。
  • 労働環境は訪問する家に大きく左右されることもある。
  • 残業は少なめだが、1日の訪問件数を増やせばインセンティブによる高収入も狙える。
  • 小さい事業所も多く、福利厚生は施設などに比べ劣る。
  • 土日休みの事業所も多い。週休3日、短時間勤務なども狙える。

介護分野で理学療法士が活躍できる就職先一覧

紹介してきた施設・サービスを一覧表にまとめたものです。

moco

施設や事業所によって差はあるので、参考程度にみてください。

スクロールできます
PT需要給与残業土日祝休み
老健理学療法士
特養機能訓練指導員 
介護医療院機能訓練指導員
高齢者向け
住まい
通所介護機能訓練指導員残業は少なめ
通所リハ理学療法士残業は少なめ
訪問看護
訪問リハ
理学療法士インセンティブ制度
導入の事業所も
月末締めは
書類対応増

まとめ

今回は、介護業界で働きたい理学療法士の就職先と特徴について解説してきました。

興味のある就職先はみつかりましたか?

今後、慢性的な人材不足にある介護業界のなかで理学療法士の価値は高まっていくことが予想されます。

今回紹介した記事を参考に自分に合った理想の就職先をみつけてくださいね。

moco

最後まで読んでいただきありがとうございました。

目次