MENU
この記事の著者
moco

 理学療法士 moco

\ ご覧いただきありがとうございます /

【知っておくべき】理学療法士の転職に有利な時期を解説します!

理学療法士におすすめ転職にベストな買いタイミング
悩んでいる人

理学療法士の転職に有利な時期ってあるのかな?

こんな悩みにお答えします。

この記事の内容

理学療法士の転職に有利な時期・タイミング
理学療法士の転職に向かない時期とは
理学療法士の転職活動のスケジュール
転職を避けた方が無難なパターンを紹介

理学療法士は1年を通して求人募集していることが多い業種ですが、転職に適した時期はあるのか疑問に思いますよね。

大前提として、自分が転職したいと感じたタイミングで転職活動をスタートさせるのが理想的です。しかし、理学療法士の転職市場も活発な時期とそうでない時期があります。

moco

転職市場が活気な時期に合わせて転職活動をスタートさせた方が、良い求人に出会える確率は高まりますよね。

理学療法士の転職に適したタイミングは1年に2度訪れます。

  • おすすめ度
    12月から転職活動を開始し4月入社
  • おすすめ度
    6月から転職活動を開始し10月入社

本記事では、理学療法士の転職にベストなタイミングと転職活動の具体的なスケジュールについて詳しく解説します。

moco

転職のベストタイミングを知って、理想の求人に出会える確率をアップさせましょう。

目次

理学療法士の転職に有利な時期・タイミング

理学療法士の転職にベストなタイミングは1年を通して2度訪れます。

転職のベストタイミング
  1. 12月から転職活動を開始し4月入社
  2. 6月から転職活動を開始し10月入社

おすすめする理由について詳しく解説します。

4月もしくは10月入社を目標に転職活動を始めるべき理由

大前提として、絶対に転職はこの時期にしなければならないというものはありません。

PT業界は1年を通して求人が出回っていますし、個人の置かれた事情に合わせた転職がベストです。

しかし、あえて4月もしくは10月の入社を目標に転職活動を始めるべき理由は次の通りです。

4月もしくは10月入社を目標にする理由
  • 4月もしくは10月採用に向けて、求人募集に力を入れている企業が多い。
  • 新卒と同時入社となり、新入社員を受け入れる体制が整っている。
  • 新入社員への関心が集まり、会社に馴染みやすい。
  • 仕事の区切りを付けやすく、退職しやすい時期にある。
moco

これらの恩恵を受けたいと思うなら、4月もしくは10月入社を狙って転職活動することをおすすめします。

12月もしくは6月転職活動をスタートさせよう

では、4月もしくは10月入社を目指すためにはいつ転職活動をスタートさせればいいでしょうか。

ここがポイント!

ずばり転職活動を始める時期は、12月もしくは6月です。

後に詳しく説明はしますが、転職開始から入職までの期間は2~3か月をみておく必要があります。

PTの求人数が最も増える時期は、2月~3月上旬ついで8月~9月上旬です。これは、4月もしくは10月入社に合わせて募集をかけるタイミングと重なります。

moco

条件の良い求人は人気があるので、出来るだけ早い時期に転職活動を開始させましょう。

転職活動は2~3か月で内定まで決めよう

先述しましたが、転職活動開始~入職までは2~3か月程度の期間をみておきましょう。

一般的な転職と比較すると短めですが、同職種間の転職であること、さらに転職活動が長期化すると精神的に疲弊してくるので出来るだけ短い方が良いです。

転職開始~内定までのおおまかな流れは次の通りです。

転職の流れ(期間:2~3か月)

3カ月前

転職の目的を明確にする
転職スケジュールを立てる
自己分析

2カ月前

サイト登録・情報収集
書類準備・応募
面接

1カ月前

内定・退職手続き

退職・入社

moco

転職活動はきちんと自分のスケジュールを立て進めていくことで、スムーズに進みます。

転職活動の詳しいスケジュールについて知りたい人は、読めば成功率アップ|理学療法士の転職の流れを8STEPで解説を参考にしてください。

理学療法士の転職時期別|具体的なスケジュール

ここでは、4月入社また10月入社を想定した転職活動の具体的なスケジュールを紹介します。

4月入社の転職スケジュール例

理学療法士の転職スケジュール

求人数のピークは2月~3月上旬です。それまでに自己分析、サイト登録まで済ませておきましょう。

12月から転職活動を始める場合の注意点は、年末年始を挟むことです。年末年始は求人募集の流れが一度止まるので、新しく求人を探す場合は年明けからで十分です。

10月入社の転職スケジュール例

理学療法士の転職スケジュール

求人数のピークは8月~9月上旬です。それまでに自己分析、サイト登録まで済ませておきましょう。

10月入社を目指して6月から活動する場合の注意点は、お盆期間を挟むことです。面接を受けている時期ですが、お盆を挟むことで採用・不採用の連絡が遅れる会社もあります。

そうした場合、現職場への退職報告が遅れることで十分な引継ぎ期間が取れない、最悪の場合はペナルティを受ける場合もあります。

moco

転職活動のスケジュールは余裕を持って行っておきましょう。

理学療法士の転職で注意したい時期とは

理学療法士の転職におすすめの時期について解説していきましたが、一方で避けた方が無難な時期もあります。

理学療法士の転職を避けたい時期
  1. 3月、9月入社
  2. 12月の採用面接と入社

その理由について詳しく解説します。

①3月、9月入社|即戦力として期待されやすい

3月、9月は人の入れ替わりが激しく、人手不足のため会社全体がばたばたしていることが多いです。

人手不足の中、離職者の穴を埋めるべく人員配置をしていくので、理学療法士の業務経験がある人は即戦力として期待されやすいです。

moco

慣れない中での業務はプレッシャーを感じやすく負担になる可能性があるので注意しましょう。

②12月の採用面接、入社|会社の対応に注意

12月は年度末にむけて会社側がバタついており、転職者への対応が雑になってくる会社もあります。

そうすると、面接で応募先との十分な意思疎通が取れず入社後のミスマッチが起きる入社後の対応が不十分といった問題が出てくる可能性があります。

moco

3月、9月、12月の入社は、転職先がバタバタしている可能性が高いため注意しておいたほうがいいです。

いますぐの転職を避けた方がいい3つのタイミング

最後にいますぐの転職を避けた方がいいタイミングを3つ紹介します。

転職を避けた方が無難なタイミング
  1. 理学療法士経験1年未満での転職
  2. 近い将来大きなローンを組もうとしている時の転職
  3. (女性の場合)出産を考えている時期が近い時の転職

詳しく解説します。

①理学療法士経験1年未満での転職

理学療法士経験1年未満での転職は、どうしても採用担当者からマイナスイメージをとられがちです。

応募先が感じるリスク・疑問

・採用コストがかかる
・教育が必要
・またすぐ辞められたら困る
・職場への適応能力がないのでは?
・何か見えない欠点がこの人にはあるのでは?

転職の理由に特別な事情がある場合は、面接時にしっかりと説明できるように考えておきましょう。

moco

会社の感じるリスクや疑問を解決するように、自分をアピールするといいですよ。

②近い将来大きなローンを組もうとしている時の転職

近い将来、住宅ローンなど大きなローンを組もうとしている場合の転職はおすすめしません。

住宅ローン審査は、借入者が長期的にお金を稼いで返済をしてくれるかを重要視しています。

直近で転職していると、ローン審査に通りにくくなる、ローンを組めたとしても借入可能額が小さく金利が高くなるといった不利な点がでてきます。

moco

明確に何年以内に転職経験があったらNGというのはないですが注意しておきましょう。

③(女性の場合)出産を考えている時期が近い時の転職

女性の場合、出産を考えている時期が近い場合の転職には注意が必要です。

仮に、転職後1年以内に妊娠し産休・育休に入ることになったとします。

その場合、健康保険から支払われる出産育児一時金・出産手当金は受け取ることは可能ですが、雇用保険から支払われる育児休業給付金を受け取るのが難しくなることが多いです。

moco

人によっては100万円単位でもらえる給付金額が変わってくるので注意しましょう。

まとめ|理学療法士の転職!ベストタイミングでスタートさせよう!

今回は、理学療法士の転職におすすめのタイミングについて解説しました。

この記事のまとめ
  • 理学療法士の転職のベストタイミングはこちら
  • おすすめ度12月から転職活動を開始し4月入社
  • おすすめ度6月から転職活動を開始し10月入社
  • 転職時期のターゲットを決めたら、逆算して転職スケジュールを考えてみよう!

転職後に後悔しないよう、しっかりと転職活動の計画を立て進めていきましょうね。

自分で転職活動を進めていくことに不安のある方は、転職のプロがサポートしてくれる転職エージェントの利用がおすすめです。

  • リハビリ業界に強い転職エージェント!

PTOTSTワーカー | リハビリ業界実績No.1 ※転職エージェント最大手で求人が豊富。まずはここに登録しておきましょう。
PTOT人材バンク | 幅広い求人を取りそろえる ※こちらも大手転職エージェント。ハローワーク求人の取り扱いもあり。
マイナビコメディカル | マイナビ運営の安心感 ※転職がはじめての方におすすめです。入職後の定着率が高い。

moco

いずれも大手の転職エージェントです。求人数豊富で安心の転職サポートを受けることができます。

完全無料で利用できるので、ぜひこの機会に登録しましょう。

理学療法士の転職サイト・エージェントをもっと知りたい方は、「理学療法士の転職サイトおすすめランキング7選」の記事をぜひ参考にしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

目次