MENU
この記事の著者
moco

 理学療法士 moco

\ ご覧いただきありがとうございます /

理学療法士1年目だけどやめたい!辛いときはやめてもいい理由

理学療法士 1年目で辞めたい
PT1年目

思っていた仕事と違って毎日辛い。PTが向いていないのかも、仕事辞めたいな。

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容
  • 1年目で辞めるのはあり!辞めるリスクも解説
  • いますぐ辞めるべき人
  • 辞める前に考え直した方がいい人
  • 退職前に確認しておきたいこと
  • 辞めたいけど上司になかなか言えない方へ
  • 夢・希望を持って働き方の選択をしよう

「毎日必死に頑張っても、なかなか結果が出せない」「患者さんに申し訳ない」「先輩・上司からの指導が辛い」

理学療法士1年目は、理想と現実とのギャップに悩んでしまう人も多いです。

「いまの職場で働き続けるのが不安」「理学療法士を辞めたい」と考える一方で、

「経験1年目で辞めても次の働く先があるのだろうか」「せっかく取得した資格がもったいない」と不安になりますよね。

moco

【結論】理学療法士1年目でも辞めてしまってもいい!

悩んで辛いくらいなら、自分の働きやすい職場へ転職してみる、まったく違う道も考えてみるのも全然ありです。

ただし、経験1年目で辞めてしまうことはそれなりのリスクを伴います

これからの働き方、自身の人生について1度慎重に考えてから決断すべきです。

そこで今回は、PT1年目で辞めたいと悩んだときに考えてみて欲しいことを記事にしました。

いま辞めようか悩んでいる方は参考になるので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

理学療法士1年目で辞めるのはあり?なし?

理学療法士1年目で辞めるのはあり?なし?

これに対する回答は辞めるのはあり!

「仕事が上手くいかない」「職場の人間関係が上手くいかない」、こんなときは何をやってもとことん上手くいかず悪循環に陥ります。

一度立て直すためにも、退職してリセットするのはありです

一方で、1年目の退職は履歴書に経歴として残ってしまい、次の転職で不利に働いてしまう可能性がある点は注意が必要です。

moco

この記事を読みながら、一度いますぐに辞めるべきかじっくりと考えてみましょう!

理学療法士1年目で辞めたいと感じる時

理学療法士1年目に辞めたいなと感じるのはどんな時でしょうか。

PT1年目で辞めたいと感じる理由
  • 書類、勉強会などの残業が多い
  • 激務な割に給料が低い
  • 体力的にきつい
  • 自分のやりたい仕事ができない
  • 先輩、上司とのコミュニケーションが上手くいかない
  • 理不尽な利用者、患者、家族が多く疲れる
  • 仕事自体にやりがいを感じない

カルテや書類業務に追われ残業が多い

1年目は、患者さんの治療、勉強会参加、先輩からの指導で常にいっぱいいっぱい。

カルテや書類作成にも慣れていないため、勤務時間内では到底終わらずに毎日残業。

心身の疲労、理想と現実のギャップから労働意欲が削がれていくことも多いです。

激務な割に給料が低い

理学療法士に限らず、社会人1年目は給料が低めです。

業務内容は責任が重く激務なのに、月の手取りは18万円を切ることも。

何のために苦労して理学療法士になったのか、分からなくなってしまう人もいます。

体力的にきつい

理学療法士の業務は肉体労働、体力的な理由で働き続けることが不安になる人もいます。

急性期病棟や介護度が高い病棟で働くのは体力とパワーが必要です。

moco

「PTなんだからこれくらいの介助量歩かせてよ」なんて上司から言われたこともありますが、無理なものは無理。

自分のやりたい仕事ができない

いざ働き始めてみると、自分の思ってた仕事と違ったと感じる人もいます。

さらに、1年目はまだ自分のやりたい仕事が採用されにくく、思うような仕事ができないことも多いです。

毎日やりたくないことばかりしていると、どんどん仕事のモチベーションが下がって辞めたくなる人もいます。

先輩、上司とのコミュニケーションが上手くいかない

仕事の悩みの多くは人間関係といわれます。

特に、新人期間は自分の意見を言いにくかったり、パワハラのような扱いを受けることもあります。

コミュニケーションの問題は自分だけの力では解決するのが難しく、これが原因で仕事を辞める人も多いです。

理不尽な患者、家族が多く疲れる

患者さんによって、リハビリ意欲がなく思う様に回復しない。嫌味・暴言を言ってくる人もいる。

必要以上に気疲れし、仕事が嫌になってしまう人もいます。

仕事自体にやりがいを感じない

頑張って日々の業務をこなし、仕事後は自己学習。それなのに学んだことが仕事に全然活かせない。

これが続くと仕事自体にやりがいがなくなり、辞めたいと感じる人もいます。

moco

やりがいを感じる仕事がしたいと思うのは当然。

しかし、現実はなかなか努力に見合った成果や評価を受けることはできないんですよね。

理学療法士1年目でも辞めた方がいい人

理学療法士1年目でもいますぐ辞めた方が良い人は次の通りです。

PT1年目でも辞めた方がいい人
  • 将来の目標が明確に決まっており、今の仕事がその道から外れている
  • 職場全体でハラスメントが横行している
  • 職場にいることで気分が悪くなるなど身心に支障をきたしている

将来の目標が明確に決まっており、今の仕事がその道から外れている

人生1度きりです。やりたいことが決まっていて、今その道から外れていると感じるならいますぐ軌道修正すべきです。

moco

「本気でやりたいことがあるあら、今すぐにやってみる!」が大切です。

職場全体でハラスメントが横行している場合

職場全体、上層部がハラスメント行為をしている職場は良い事がありません。

神経をすり減らすばかりか、本業にも集中しにくくなります。

職場全体や上層部を相手に、一個人がどうこうするのは難しいです

moco

そこにエネルギー使うのは無駄!いますぐ辞めてしまいましょう。

職場にいることで気分が悪くなるなど身心に支障をきたしている

「職場にいることで気分が悪くなる」など身心に支障をきたしている場合は、早急に辞めるべきです。

自分の力が発揮できないばかりか、心の病になってしまっては今後働けない体になってしまう可能性も。

moco

そんな環境からはすぐに逃げ出してしまいましょう!

理学療法士1年目で辞める前に一度考え直した方がいい人

ただ一方で、職場を変えなくても改善できる可能性もあります。 

具体的には、次のようなパターンです。

PT1年目で辞める前に考え直して欲しい場合
  • 特定の人物が嫌い
  • 給与が低い
  • やりがいを感じない

特定の人物が嫌い

職場の中で特定の人物が嫌い、苦手だと感じている人がおり、ストレスを感じている場合です。

対処法

  • 苦手な人とは適切な距離感を保つ。
  • 信頼できる同僚・先輩に相談。場合によっては、直接伝えてもらう。
  • 職場内で配置転換が出来ないか上司へ相談してみる。
moco

まずは気にしないで済む環境改善から始めてみましょう。

それでも駄目なら転職も視野に。

給与が低い

現状の給料が低く不満を感じている場合です。

対処法

  • 貰えそうな手当がないか確認。
  • 昇給率や役職手当の有無を確認し、将来の給与額をシミュレーション。
  • 副業をするなど他の収入減を確保してみる。
moco

1年目は転職しても高給は望めない場合が多いです。

勤続することで給料はしっかりと伸びていくかチェックしてみましょう。何年働いても給料アップが見込めない場合は、転職もありです。

やりがいを感じない

理学療法士の仕事の自体にやりがいを感じない場合も、辞める前に一度考え直した方がいい場合があります。

対処法

  • 仕事のやりがいは後からついてくるものと知り、とりあえず丸1年は働いてみる。
  • 仕事の目標を設定してみる。
moco

目の前の患者さんが良くなった、上司から褒められたなど小さな成功体験が積み重なって、やりがいに結びついていきます。

自分の目標を設定し小さく頑張るところからスタートさせてみてはいかがでしょうか。

理学療法士1年目で辞める前に確認しておきたいこと

理学療法士1年目で辞めるようと考えている人は、次の5点について確認しておきましょう。

PT1年目で辞める前に確認しておきたいこと
  1. 経験1年目で辞めるリスクを知る
  2. 辞めたい理由を明確にする
  3. 退職の申し出時期について就業規則の確認
  4. 退職後の道を考える
  5. 失業給付の対象となるか確認

①経験1年目で辞めるリスクを知る

PT1年目で辞めたという経歴が、次の転職で不利に働いてしまうリスクは考えておくべきです。

1年目離職者の採用リスク
  • まだ臨床経験が少なく、技量不足で教育が多く必要。
  • 社会人としてのスキルもまだ不十分。
  • またすぐに退職される可能性。

知っておくべきは、採用側がこれだけのリスクを払ってでも1年目離職者を欲しているのかということです。

moco

リスクが高い1年目離職者の採用には躊躇してしまう場合も多いです。

これらを知っておいたうえで、次の転職戦略を考える必要があります。

②辞めたい理由を明確にする

いまなぜ辞めたいのか、はっきりと言葉にすることが出来ますか?

仮に残業が多くて辞めたい人は、「どうして残業が多いのか」まではっきりしているでしょうか?

これがはっきりしてないと、次の職場に行ったときにまた同じ問題に遭遇してしまう可能性が高いです。

moco

辞めたい理由を明確にし、次の職場選びにどう活かしていくのかを深く考えてみましょう。

③退職の申し出時期について就業規則の確認

就業規則に退職の申し出について記載してあります。

法律では退職の2週間前までの申し出が必要となっていますが、医療職の場合は引継ぎなどがあり1か月前を規定しているところもあります。

厳しいところでは、申し出が会社の規定より遅れ引継ぎに支障が出た場合、ペナルティを課してくるところもあります。

moco

いつまでの申し出が必要か必ず注意しておきましょう。

④退職後の道を考える

退職後はどうするのか考えておく必要があります。

すぐに転職するのか、数カ月休養してから転職活動をするのか、新しい分野に挑戦してみるのか、具体的に退職後の道を考えておきましょう。

理学療法士の転職を考えている方は、理学療法士の転職方法を8STEPで解説|読めば転職成功率UPを参考にしてください。

⑤退職後、数カ月暮らすだけの貯金はあるか

一度退職した後に転職活動を考えている方は、退職後に数カ月暮すだけの貯金があるか確認せておきましょう。

転職活動はおおよそ2~3ヵ月の期間を見ておく必要があります。

よって、最低でも3ヵ月分の生活費は持っておきたいところです。

⑥失業給付の対象となるか確認

失業保険給付予定の人は対象となるか確認しておきましょう。

失業保険の給付要件

退職日以前の2年間で11日以上働いた月が12ヵ月分以上ある場合

moco

最低でも1年以上は働いている必要があります。

失業保険を受給したい人はとりあえず1年は必死に頑張っておいた方がいい場合も。ただし、無理は禁物です。

辞めたいけど上司になかなか言えない理学療法士の方へ

悩んでいる人

・引き止められたりダメと言われるのが怖い
・キャリアが止まりそうで怖い
・これからの生活が不安
・より良い転職先があるか不安
・家族に反対されそう

さまざまな理由から退職を切り出しにくい方もいると思います。

そんな人は、次のアクションを起こしてみるのがおすすめです。

  • 悩み相談にのってくれる人(家族、友人、SNS繋がりなど)に相談して背中を押してもらう。
  • 辞めたい理由を明確にする。
  • 転職関連の書籍を読んで、転職は悪ではないことを理解する。
  • とりあえず転職活動をはじめて、辞めるモチベーションを高める。
  • 辞めることを伝える練習をする。どのタイミングで上司に声を掛け、どう伝えるかイメトレ。
moco

勇気を出して無事に伝えることができますように。

理学療法士1年目は夢・希望を持ってこれからの働き方について考えよう

理学療法士1年目。

いま仕事に悩んで辛いかもしれませんが、まだ社会人1年目。いくらでもやり直しは効きます。

心機一転!他の職場に転職して新しい環境で再スタートも全然あり。

転職は自分が走りたいレールへ移るための手段。

10年、20年後、理学療法士としてどんな仕事をしていたいか真剣に考えてみましょう。

一方で、理学療法士を辞めて他の道にチャレンジしてみるのもあり。

高い学費を払って取得した資格。その仕事を本当に辞めていいのかは悩むところ。

しかし、資格だけに囚われてやりたいことにチャレンジできないのは勿体ない。

一旦、理学療法士の仕事を離れてもまたやり直せます。

チャレンジするなら早いうちがいい。

moco

将来について深く考える良い機会です。夢・希望を持って、これからの働き方について考えてみましょう!

理学療法士におすすめの転職サイト

理学療法士におすすめの転職サイトを3社紹介します。

  • リハビリ業界に強い転職エージェント!

PTOTSTワーカー | リハビリ業界実績No.1 ※転職エージェント最大手で求人が豊富。まずはここに登録しておきましょう。
PTOT人材バンク | 幅広い求人を取りそろえる ※こちらも大手転職エージェント。ハローワーク求人の取り扱いもあり。
マイナビコメディカル | マイナビ運営の安心感 ※転職がはじめての方におすすめです。入職後の定着率が高い。

moco

20代もしくは転職がはじめての方には、がおすすめです。

大手マイナビの安心な転職サポートで、転職活動を優位に進めることができますよ。

まとめ|理学療法士1年目で辞めるのはあり!新しい1歩を踏み出そう!

今回は、理学療法士1年目辞めたいと悩んでいる方へ向けて考えてみて欲しいことについてお話しました。

この記事のまとめ
  • 理学療法士1年目で辞めるのはあり!
  • 辞める前に確認しておくべきことをもう一度チェック
  • 1度立ち止まってこれからの働き方について考えてみよう。

いま仕事が辞めたいなと悩んでいる方は、これからの働き方について一度考えてみるチャンスです。

moco

一度きりの人生です。
あなたにとってのベストな選択が出来るように応援しています。

目次