MENU
この記事の著者
moco

 理学療法士 moco

\ ご覧いただきありがとうございます /

【経験談】共働きで理学療法士と子育てを両立するために意識していること

30代ワーママ 理学療法士子育て両立すためのポイント
悩んでいる人

共働きでPTと子育てを両立していくことに不安があります。みんなどうやって乗りきっているんだろう。

こんな悩みにお答えします。

  • 本記事の内容
  • 共働きでPTと子育てを両立するために意識したポイント
  • フルタイムワーママPTの1日のスケジュール
  • 共働きを続けて良かったこと・辛かったこと
  • PTと子育ての両立が辛いなと感じたら考えてみて欲しいこと
この記事の著者
moco

 理学療法士 moco

共働きで仕事と子育ての両立をがんばっているワーママPTのみなさん。

毎日の仕事に育児に家事、毎日時間に追われヘトヘト。このまま理学療法士と育児の両立を続けていくことに不安を抱くこともありますよね。

本記事では、筆者の経験談をもとに仕事と子育ての両立をするために意識しているポイントや実際の1日のタイムスケジュールを紹介します。

moco

仕事と子育ての両立に悩んでいる人はぜひ読んでみてください。

目次

共働きで理学療法士と子育てを両立するために意識したポイント

共働きをするうえで一番意識したのは、二人で家庭運営を行う意識を持つことです。

moco

共働きでもお互いに余裕を保つためにはとても重要なポイントです。

具体的に意識したポイントを4つ上げます。

具体的なポイント
  1. 夫婦お互いが必ず保育園に迎えに行けるような労働環境に調整する
  2. あらかじめ職場に家庭事情をしっかりと伝えておく
  3. 家事育児は完ぺきを目指さず得意なことを補い合う
  4. 周囲にサポートしてもらえるように頼んでおく

①夫婦お互いが必ず保育園に迎えに行けるような労働環境に調整する

旦那の帰宅時間が遅いから、仕事終わりはワンオペ・・・なんて声もよく聞きますよね。

moco

女性に家事育児の負担がかたよってしまっては、仕事を続けるのが辛くなってしまいます。

そこで一番意識したのが、夫婦お互いが残業のない職場で働くことで協力して家庭運営を行うことです。

お互いが保育園に迎えに行けるような働きかたをすることで、共働きでも夫婦お互いが余裕をもって仕事と家庭の両立が可能になります。

我が家は思いきって、旦那が残業がなく自宅から近い職場へ異業種転職しました!

あっという間に過ぎる子育て期・・・家庭・子育てファーストも大切にできるの点もおすすめです。

②あらかじめ職場に家庭事情をしっかりと伝えておく

働く上で問題となるのが、こどもの保育園からの呼び出し突然の体調不良でのお休み問題

moco

夫婦ともに職場に、突然の早退や休みがあるかもしれないことをしっかりと伝えておきました。

あらかじめ伝えておくことで、子育て世帯に対する職場の認識を確認することが出来ますし、突然休んでしまう申し訳ない気持ちも多少は軽減します。

③家事育児は完ぺきを目指さず得意なことを補い合う

ここがポイント!

家事育児は完ぺきを目指さない

これって本当に大切です。完璧を目指すから辛くなることも多いんです。

特に女性は「家事も育児もすべて頑張ってこなしたい」と考える人も多いですが、適度に旦那にも任せて手抜きすることも大切です。

夫婦で家事の分担といいますが、理想をいうと妻が育児をしているあいだは夫が家事を行うなど、お互いの役割を補い合いながら家庭運営を行うことが重要です。

moco

最初は難しいかもしれませんが、これが出来るようになると家事育児負担はうんと軽くなりますよ。

④周囲にサポートしてもらえるように頼んでおく

祖父母にどうしても仕事が休めない場合は協力してもらえないか事前にお願いしておきました。

子どもが体調不良の場合は前日の夜までに連絡しておけば、面倒を見に来てくれていたのでとても助かりました。

moco

周囲にサポートを頼んでおくことで、精神的にも安心でしたよ。

共働きフルタイムワーママ理学療法士の1日のスケジュール

共働きフルタイムワーママPTの平日の1日のスケジュールを紹介します。

1日のスケジュール

6:00起床・朝食準備起床
7:00朝食・身支度朝食・身支度
8:00出勤・保育園送り出勤
17:30退社退社・保育園迎え
18:00帰宅・夕食準備
18:30夕食夕食
19:00入浴入浴
19:30片付け・洗濯こどもと遊ぶ
20:00こどもと遊ぶ
20:30明日の準備寝かしつけ
21:00自由時間自由時間
24:00就寝就寝

夫婦ともに残業なく18:00までに帰宅します。

moco

大切にしていることは帰宅後は疲れていても座わらない!

一旦休んでしまうとついダラダラしてしまうので、帰宅後はすぐにこどもと遊ぶ→夕食づくりを徹底しています。

食事は家族そろって「いただきます」。お風呂も家族まとめて入ることでかなり時短に。

ここがポイント!

早めにやることは終えることで、家族のくつろぎ時間をとることが出来ます。

共働きでフルタイム理学療法士を続けて良かったこと・辛かったこと

ここでは共働きでフルタイム理学療法士を続けて感じた、良かったこと・辛かったことを紹介します。

良かったこと
辛かったこと
  • 働くことで社会との交流が持てた
  • 夫婦で子育て期の価値観を共有できる
  • 家事・育児負担が妻側に偏らない
  • 子育てから手が離れる時間が持てる
  • 金銭面の余裕が生まれる
  • 急な保育園の呼び出しへの対応
  • こどもが病欠時の対応
  • 朝がバタバタ
  • 子供の病気をもらう
moco

共働きにより、夫婦で協力して家庭運営をしていこうという気持ちがお互い強くなった点がとてもプラスでした

理学療法士と子育ての両立が辛いなと感じたら考えてみて欲しいこと

最後に、「いま仕事と子育ての両立が辛いな」と感じている人へ、一度足を止めて考えてみて欲しいことを紹介します。

ポイント
  1. いまじぶんが大切にしたいことを考えてみる
  2. 夫婦で仕事と家庭のバランスを話し合う
  3. 時短できる部分はとにかく時短
  4. 思い切って働き場所を変えてみる

①いまじぶんが大切にしたいことを考えてみる

仕事と子育ての両立が辛いなと考えている人は、一度立ち止まっていまじぶんが大切にしたいことについて考えてみましょう。

共働きはメリットもたくさんありますが、そのぶん家事育児の時間は減ってしまい時間に追われ疲弊してしまいがちです。

moco

仕事と育児の両立をがんばっていきたい。ゆとりをもって働きたい。

価値観は人それぞれです。

いまのじぶんが大切にしたいことを考えてみたい人は、理学療法士の妊娠・出産後のセカンドキャリアとは?|自分らしい働きかたの選択を参考にしてみてください。

②夫婦で仕事と家庭のバランスを話し合う

仕事はそんなにハードではないけど、仕事終わりの保育園の迎えに夕食づくり、お風呂、とにかく仕事後のワンオペが辛いと感じている人もいると思います。

私自身も一番意識したポイントですが、夫婦お互いが仕事と家庭のバランスを見直すことで解決できる点です。

無理なく共働きを続けていくうえでは、夫婦で家庭運営を行うことは大切です。

③時短できる部分はとにかく時短

とにかく日常に時短できる部分がないか考えてみましょう。

例えば

  • 食材は週末にまとめ買いで仕事終わりのスーパー通いはやめる
  • ネットスーパーや宅配食材を利用してみる
  • 時短家電の活用
  • 朝食の固定化など

最近はネットで「家事 時短」など検索すると、たくさんの時短のアイデアが出てきます。

ぜひ自分に合ったものを活用していきましょう。

moco

「がんばらんでええ!適当でええ!」この考えはとても大切です。

④思いきって働き場所を変えてみる

思いきって自分の働く場所を変えてみることも時には必要かもしれません。

ワーママPTにおすすめの職場選びのポイントについては、子育てしながら働きやすい職場を選ぶためのポイントを参考にしてください。

>>理学療法士の転職におすすめの転職サイト

まとめ

今回は、経験をもとに共働きで理学療法士と子育てを両立するために意識していることについてお話ししました。

「子育て期はあっという間」という言葉も聞きますが、共働きでPTと子育ての両立をしていくためには”今”の大変を少しでも解消していくことが大切です。

忙しい毎日ですが、一度足を止めてこれからの働きかたについて考えてみてはいかがでしょうか。

moco

最後まで読んでいただきありがとうございました。

目次