MENU

\ ご覧いただきありがとうございます /

この記事の監修者

moco 

病院勤務の理学療法士(経験8年目)。『理学療法士が自分らしく働く』をコンセプトにNICOJOBを運営。信頼できる情報発信を心がけています。

詳しいプロフィール

理学療法士・PTが【年収600万円】稼ぐ方法5選

PR:アフィリエイト広告を表示

悩んでいる人

理学療法士で年収600万円を稼ぎたい。具体的な方法を教えて!

こんな悩みにお答えします。

この記事でわかること
  • 理学療法士が年収600万円を達成できる5つの方法
  • 誰でも年収600万円を狙える方法と求人の探し方
  • おすすめの転職エージェントを紹介

理学療法士はやりがいのある仕事である一方で、給料が上がりにくく将来が不安といった声を多いのが現実…。

実際に、厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」によると、理学療法士全体の平均年収は426.5万円(平均年齢:35.1歳)です。

家庭を支えなければならない、もっと贅沢をしたいと考えると、年収アップを狙いたいと考える方も多いでしょう。

そこで今回は、理学療法士が年収600万円を達成する方法をご紹介します。

思考停止でいまの職場で働き続けているだけでは年収600万円の到達は難しいのが現実です。

moco

この記事を読んで行動すれば、年収600万円の道も夢じゃないですよ。

目次

理学療法士が年収600万円を達成する5つの方法

さっそく、理学療法士が年収600万円を目指せる方法を5つご紹介します。

年収600万円を目指せる5つの方法
  1. インセンティブ制のある訪問リハビリ
  2. 病院・クリニック・施設の管理職求人
  3. 理学療法士の学校教員
  4. 医療関連企業
  5. プラスアルファ副業 

①インセンティブ制のある訪問リハビリ

1つ目は、インセンティブ制のある訪問リハビリです。

moco

転職サイトでも年収600万円を狙える求人の多くが「訪問リハビリ」

  • 訪問看護ステーションの求人例
職種 理学療法士
地域 岐阜県
給与 年収360万円~660万円
施設形態 訪問リハビリ

訪問リハビリの年収が高い理由は、1件あたりの報酬が高く、人件費以外の経費が低いため売上を給与還元しやすい環境にあるため。

そして、インセンティブ制を活用することでさらなる年収アップを見込めるためです。

※インセンティブ制度とは、ある一定の訪問件数を超すと、1件につきプラスαの報酬が支給される制度です。

moco

頑張ったぶんだけ、給料に反映されるのがポイント!

②病院・クリニック・施設の管理職

2つ目は、病院・クリニック・施設の管理職です。

moco

ある程度の経験年数があり、マネジメント業務に興味のある人はおすすめ!

  • 急性期病院の管理職の求人例
職種 理学療法士
地域 東京都
給与 年収500万円~600万円
施設形態 病院
  • デイサービスの管理職の求人例
職種 理学療法士
地域 神奈川県
給与 月給32万円~40.9万円
施設形態 介護施設

管理職ポストは数自体が少なく、好条件な求人が出るのはレアケースです。

しかし、手堅く年収600万円以上を狙えるポジションといえます。

③理学療法士の学校教員

3つ目は、理学療法士の学校教員です。

大まかに養成校(専門学校)の教員と大学教員の求人がありますが、その数自体は非常に少ないです。

しかし、大学教授まで登り詰めると年収1000万円も夢ではありません。理学療法士としての地位・名誉も得ることができる働き方です。

④医療関連企業

4つ目は、医療関連企業(一般企業)です。

moco

例えば、リハビリ機器メーカー、住宅メーカー、介護・福祉用具メーカーなどで活躍する理学療法士もいます。

  • 医療関連企業の求人例
職種 理学療法士
地域 東京都
給与 年収420万円~720万円 ※賞与年1回、昇給年4回
施設形態 一般企業
※リハビリ支援ツールの導入拡大に向けた営業

まだ一般企業で活躍する理学療法士は少ないですが、特有の知識・経験を活かせる働き方は開拓の余地があるでしょう。

理学療法士から一般企業への転職に興味がある方は、以下の記事が参考になるのでぜひご覧ください。

⑤プラスアルファ副業

5つ目は、理学療法士プラスアルファ副業です。

理学療法士の知識を活かしたいなら、「訪問リハなどで非常勤」「自費リハビリ」「セミナー」などがあります。

また、近年は副業解禁が主流となり、「youtube」「ブログ・アフェリエイト」「webライター」「せどり」などが在宅でも取り組みやすいです。

副業する時間なんてないよという人には、「定時で帰れてまずまず稼げる職場へ転職」→「副業と掛け合わせて年収600万円を目指す」が再現性の高い方法です。

理学療法士でも年収600万円は目指すことができる

悩んでいる人

ほんとに理学療法士でも年収600万円って目指せるの?

こんな疑問をまだ持たれている方も多いと思います。

結論からいうと、チャンスは大きくないですが理学療法士でも年収600万円は達成可能です。

そう言える理由について解説しますね。

現状ステイのままじゃ年収600万円は難しい

はじめに、理学療法士全体の平均年収は426.5万円(平均年齢35.1歳)とご紹介しました。

年齢別の平均年収の詳しいデータがこちらです。

年齢 男性 女性
20~24歳 331.1万円 326.3万円
25~29歳 388.9万円 368.8万円
30~34歳 429.9万円 386.7万円
35~39歳 462.5万円 414.2万円
40~44歳 514.5万円 459.3万円
45~49歳 536.0万円 489.8万円
50~54歳 546.7万円 532.5万円
55~59歳 600.7万円 543.9万円
60~64歳 514.4万円 428.1万円
65~69歳 348.3万円 365.8万円

20代で300万円台、30代で400万円台、定年前にやっと500~600万円が狙えるかどうかが現実。

moco

さらに近年は、診療点数の引き下げなどで理学療法士の年収も昔ほど伸びないと言われています。

実際に、約半数の理学療法士が毎年の昇給が約1,000~3,000円といったアンケート結果もあります。

例えば平均昇給が3000円だと、1年で3万6000円、10年働いても36万円しか年収アップしない(※賞与除く)。

いまの職場で思考停止で働いているだけでは、年収600万円の壁は高い人も多いはずです。

理学療法士の年収600万円以上の求人はある

実際に理学療法士の転職サイト()で年収600万円以上可能な求人を検索してみた結果がこちらです。

PTOTSTワーカー求人例

公開求人数だけのデータですが、年収600万円以上の求人が161件(2022.11現時点)ヒットしました。

ちなみに同サイトの公開求人数は1万8000件なので、年収600万円以上を狙える求人はわずか1%未満しかないのが現実・・・。

転職サイトは好条件な非公開求人も多く抱えているので、正確にはもっと求人数は多いかもしれません。

どちらにせよ、年収600万円を狙える求人はあるけれど、その数は限られています

年収600万円を目指すには早めに行動をしておくべき

年収600万円を目指したいと考えている人は、早めに行動をはじめておくべきです。

現状ステイでは年収アップが見込めないと思っているなら、一刻でも早く環境や働き方を変えることが解決策の近道になります。

moco

「求人探しだけでもしてみたい」人は、理学療法士の転職サイトへ登録してみましょう。

\理学療法士におすすめの転職サイト/

転職サイト 特徴 公式サイト

レバウェルリハビリ
好条件・高年収求人が豊富!
年収アップを狙うならココ
無料登録はコチラ
マイナビコメディカル
マイナビコメディカル
大手マイナビが運営で安心
豊富な求人数と転職サポートが好評
無料登録はコチラ
PTOT人材バンク
PTOT人材バンク
ハローワークの求人あり
他社にない非公開求人がたくさん
無料登録はコチラ

理学療法士年収600万円|まとめ

この記事のまとめ

今回は、理学療法士が年収600万円を達成する方法について解説しました。

この記事のまとめ
  • 理学療法士でも年収600万円を目指せる方法はある!
  • 具体的には、①インセンティブ制のある訪問リハビリ②病院・クリニック・施設の管理職③理学療法士の学校教員④医療関連企業⑤プラスアルファ副業
  • 最も再現性が高くおすすめなのはインセンティブ制のある訪問リハビリ
  • 理学療法士の転職には転職エージェントを活用しよう

理学療法士で年収600万円を達成したいなら、現状を変えるための行動が大切です。

ぜひ、この機会に自分に合った年収アップの方法を考えてみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

目次