MENU
この記事の著者
moco

 理学療法士 moco

\ ご覧いただきありがとうございます /

30代理学療法士が転職を成功させるポイント|おすすめ転職サイトを合わせて紹介

30代理学療法士のための転職活動のポイント
悩んでいる人

30代になり、ライフステージの変化に合わせて働き方を変えたいと考えるようになった。失敗しない転職の方法をおしえて。

こんな悩みにお答えします。

この記事の内容
  • 30代理学療法士の転職事情
  • 30代理学療法士が転職を考える理由
  • 30代理学療法士の転職活動のポイント
  • おすすめの転職サイトを紹介

気づけば30代になり、理学療法士として中堅のポジション。多くの人が、結婚、出産、育児などのライフイベントの変化を通して働き方を見直す時期ではないでしょうか。

働き方を変えたいと思ったときの手段の1つが転職です。転職は自分のライフステージに合わせた働き方を実現させます

本記事では、30代の理学療法士の転職事情から転職成功のポイント、おすすめの転職サイトを解説します。

moco

転職しようか悩んでいる30代の理学療法士の方は参考になるので、ぜひ最後までご覧くださいね。

≫いますぐ30代の理学療法士におすすめの転職サイトを知りたい方はこちら

目次

30代理学療法士の転職事情

理学療法士 ワークライフバランス

30代理学療法士は働き方に悩む人が多い

30代といえば理学療法士としての経験値も上がりこれからのキャリアについて考える時期。

同時に、結婚や出産などを通してワークライフバランスを意識する人も多いと思います。

  • 育児に専念できるようゆったりと働きたい
  • キャリアアップのために違う分野へ挑戦したい
  • いまの職場は体力的に辛く、もっと楽に働ける場所を選びたい
  • 年収をアップさせたい

仕事への向き合い方について悩む人が増える時期です。

30代理学療法士の転職割合は多い

賃金構造基本統計調査によると理学療法士の勤続年数の平均は6.2年※全体の平均は12.1年

moco

30代前後に転職を考える人が多いんだね!

専門職である理学療法士は転職が比較的容易なこともあり、ライフステージやキャリアプランに合わせた職場選択をする人も多いです。

30代理学療法士に求められる働き方とは

理学療法士業界で30代といえば中堅ポジション。

即戦力としての現場業務はもちろん、新人教育やリーダー業務を任せられることも増えてきます。

moco

理学療法士としての知識や手技だけでなく、教育・管理スキルも身につけておくと強みになります。

30代理学療法士が転職を考える理由

では実際に、30代の理学療法士はどのような理由で転職を考えているのでしょうか。

主な転職理由は以下の4つです。

転職理由
  1. ライフステージの変化
  2. 人間関係や待遇への不満
  3. 体力的な問題
  4. やりがいが感じられない、キャリアアップしたい

①ライフステージの変化

30代は結婚や出産などライフステージの変化を経験する人が多い時期です。

独身時代と同じように働くことが難しくなり、転職によってライフスタイルに合った働き方を模索する時期ともいえるでしょう。

と考える人は多いです。

②人間関係や待遇への不満

どの世代でも転職理由として多いのが、職場の人間関係待遇への不満です。

  • 上司や他職種との人間関係によるストレス
  • 頑張っても報われない職場環境
悩んでいる人

もう嫌だこんな職場・・・

自分の力ではどうにもならないモヤモヤの解決策の1つとして、転職を考える人は多いです。

③体力的な問題

悩んでいる人

30代になるとだんだん体力的に辛くなってきた。

20代の頃は急性期病棟で移乗介助や歩行訓練などやってきた人に多い悩みです。

30代は仕事に加えて家事や育児も忙しく、精神的にも肉体的にも疲れやすいです。

なるべく負担が少なく、長く安心して努めることができる職場を求め転職を考える人も増えます。

④やりがいが感じられない、キャリアアップしたい

仕事をする上で、仕事へのやりがいは大切ですよね。

30代である程度経験を積んでくると、「いまの職場ではキャリアアップが見込めない」「やりがいを感じることが出来ない」と感じ、転職を考える人が増えます。

moco

30代は新しい領域にも挑戦しやすい年齢であるといえます。

30代理学療法士が転職するメリット・デメリット

転職をすれば自分の理想とする働き方が実現できる可能性が高まりますが、本当に良い面ばかりなのでしょうか。

30代の理学療法士が転職するメリットとデメリットはこちらです。

メリット
デメリット
  • 実績や経験を評価される
  • 即戦力になれる
  • ライフスタイルの変化に合わせた働き方が可能になる
  • 年収UPが見込める
  • 個々の状況により転職先に制限
  • 経験のない領域は転職しづらい
  • 給料が上がる保証はない?

30代理学療法士が転職するメリット

転職により今のライフスタイルに合わせた働き方が可能になる点は大きなメリットです。

いままでの実績や経験が評価され、即戦力として重宝されることも多いでしょう。

30代理学療法士が転職するデメリット

一方で、30代は働き方がライフスタイルに影響されやすい時期です

自分が本当にやりたい分野へ挑戦できない、年収がダウンしてしまうというデメリットも考えておきましょう。

30代の理学療法士が転職成功するための4つのポイント

ここでは実際に、30代の理学療法士が転職活動をするときのポイントを4つ解説します。

転職成功のためのポイント
  1. ライフキャリアプランを考えてみる
  2. 転職の軸を明確化
  3. いままでの経験やスキルをまとめる
  4. 情報収集はしっかりと行う|転職エージェントの活用

①ライフプランを考えてみる

まず将来、自分が思い描くライフプランについて考えてみることから初めてみましょう。

ライフプランとは人生設計。今後の人生に起こりそうな出来事や、将来実現したいことを、時間軸に沿って書き出すことです。

moco

いまの自分が大切にしたいことを明確にしてみましょう。

  • 家族中心にゆったり働きたい
  • 家族との時間を大切にしながらも自分のキャリアも大切にしたい
  • 理学療法士としてのスキルアップのためどんどん挑戦していきたい

個々の置かれた状況や価値観によってプランは様々です。自分がありたい姿を見つけるためにも、じっくりと考えてみましょう。

②転職の軸を明確化

いまの自分が大切にしたいことが明確になったら、それに合わせて転職の軸=転職をする上で重要視するポイントを明確化していきます。

ここがブレてしまうと、転職先がなかなか決まらない、入職後に希望条件と合わず後悔してしまうなど壁にぶち当たってしまいます。

moco

転職する上で絶対に譲れないポイントを明確に決めておきましょう。

③いままでの経験やスキルをまとめる 

転職の軸が明確になったら、いままでの経験やスキルをまとめてみましょう。

  • いままでPTとしてどんな経験をしてきたか
  • 培ってきたスキルはどのようなものがあるか
  • 自分の強みは何か
  • 今後どのように活かせそうか

自分の経験スキルを洗い出してみることで、新しいキャリアステップの方向性が出てくるかもしれません。

moco

履歴書や面接でもアピールできる点なので、ここでしっかりと考えておきましょう。

④情報収集はしっかりと行う|転職エージェントの活用がおすすめ

理想とする転職を手に入れるためには、情報収集をしっかりと行うことが大切です。

情報収集の方法としては、直接病院ホームページから求人応募を見つける、知人の紹介、ハローワーク、転職サイトなどがあります。

悩んでいる人

働きながら転職活動をする時間がない・・・

そんな時は、効率よく求人探しをする手段として転職活動のサポートをしてくれる転職サイト・エージェントを活用するのがおすすめです。

moco

転職のプロにおまかせするので心強いです。

後ほどおすすめの転職サイトを詳しく紹介しますね。

30代理学療法士におすすめの転職サイト・エージェント

30代の理学療法士にはこちらの3社をおすすめします。

PTOTSTワーカー
実績No.1の転職サイトを選びたい人におすすめ

PTOTSTワーカー

公式https://ptotst-worker.com/

  • 業界求人数・紹介実績ともにNo.1
  • 病院・クリニックの求人に強い
  • 転職活動の手厚いサポート
  • LINEで気軽に相談できる

\ かんたん3分で登録完了/

※簡単1分で登録可能


PTOT人材バンク
豊富な求人を紹介して欲しい人におすすめ

PTOT人材バンク

公式https://www.ptotjinzaibank.com/

  • 実績豊富な老舗エージェント
  • 介護分野、訪問、小児の求人に強い
  • ハローワーク求人が検索できる
  • 医療・介護業界に精通したアドバイザー多数

\ かんたん3分で登録完了/

※簡単1分で登録可能


マイナビコメディカル
手厚い転職サポートを受けたい人におすすめ

マイナビコメディカル

公式https://co-medical.mynavi.jp/

  • 関東・東海地方の求人数豊富
  • マイナビ独自の転職ノウハウで安心のサポート
  • 転職初心者や若手の転職おすすめ

\ かんたん3分で登録完了/

※簡単1分で登録可能


まとめ|30代理学療法士の転職成功へ近づこう

今回は、30代の理学療法士の転職事情、転職成功のポイントについて解説しました。

30代は多くの理学療法士がこれからの働き方について悩む時期です。

moco

30代はまだ転職ニーズもあり、それぞれの置かれた状況に合わせて働きやすい職場へ転職するのも全然ありです。

忙しくて時間がない、1人で転職活動するのが不安な方は、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。

  • リハビリ業界に強い転職エージェント!

PTOTSTワーカー | リハビリ業界実績No.1 ※転職エージェント最大手で求人が豊富。まずはここに登録しておきましょう。
PTOT人材バンク | 幅広い求人を取りそろえる ※こちらも大手転職エージェント。ハローワーク求人の取り扱いもあり。
マイナビコメディカル | マイナビ運営の安心感 ※転職がはじめての方におすすめです。入職後の定着率が高い。

転職エージェントの詳細については、「理学療法士の転職サイトおすすめランキング7選|利用者の口コミ・評判から徹底解説」が参考になるのでぜひご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

目次