MENU
この記事の著者
moco

 理学療法士 moco

\ ご覧いただきありがとうございます /

理学療法士は何歳まで働ける?よく聞く女性の悩みと対処法

理学療法士何歳まで働き続ける体力に不安がある人は訪問系リハおすすめ
悩んでいる人

PTの仕事をこのまま続けることが出来るか不安。みんな何歳まで働き続けているんだろう?

こんな悩みにお答えします。

  • 本記事の内容
  • 女性PTの現状
  • みんな何歳までPTとして働いているの?限界はある?
  • 女性PTのキャリアプラン
  • 体力に不安のある女性PTにおすすめの働く場所
この記事の著者
moco

 理学療法士 moco

30代を超え、ふと何歳までPTとして働き続けることができるのかと不安に感じたことはありませんか?

データ上でも、女性PTの多くが体力的な理由で10年後、20年後と働き続けることに不安を抱いています。

ただ、多くの女性がPTという職種は辞めずに、働く場所を変えながら居心地の良い働き方を探し続けています

今回は、女性PTの働き方に関する不安を掘り下げながら、体力的に不安を感じている女性PTにおすすめの働き方について解説します。

moco

体力の問題は女性PTみんなが考えていること。働き続けることに不安を感じたら、早めに次のステージを考えるのも大切!

目次

女性理学療法士の現状

はじめに、女性理学療法士の現状について理学療法士協会のデータから解説します。

この章のまとめ
  • PT協会入会者の男女比率は6:4
  • 年代別の女性PTの数は20代が最多
  • 30代でやや減少するが、40~60代は一定水準に保たれる
  • 女性PTの勤務時間は年代層問わず週40時間以上

理学療法士業界の女性の割合

理学療法士の男女比率
理学療法士の男女比率

女性PTが誕生以来、社会ニーズとともに女性PTの数は年々増加しています。

2022年時点、理学療法士協会の男女比は男性6:女性4となっています。
参考:理学療法士協会 統計情報

年代別の女性理学療法士の比率

年代別の比率は次の通りです。

男性PT女性PT女性PT比率
21-2511,6378,78843%
26-3018,99113,12141%
31-3517,44010,13537%
36-4012,0057,73839%
41-458,8205,94140%
46-505,9373,53737%
51-553,0851,76236%
56-601,81892934%
61以上1,20524413%
理学療法士の男女別の年齢分布
  • 21~25歳の女性PTの割合が最多
  • 30代では一旦女性PTの割合は減少傾向≫結婚・出産等に伴う一時離職者の増加
  • 40代、50代の女性PTの割合も一定水準に維持
moco

40代、50代と働き続ける女性PTの割合は思ったより多い!

年齢層をいとわず、たくさんの女性PTが社会で活躍し続けています。

年代別の勤務時間の推計

では、年代別の勤務時間はどうなっているでしょうか。

理学療法士・作業療法士分科会(第3回)より抜粋

厚生労働省のデータによると、女性PTは年代層に関わらず平均週40時間以上働いています。

moco

多くの女性PTがフルタイムで働き続けているんだね!

理学療法士として女性は何歳まで働ける?

先述したように、年代層に関わらず働き続けている女性PTは多いことが分かりました。

しかし、現実に女性としてのライフイベントを乗り越えながら、PTとしてフルタイム労働を続けていく。

moco

不安に感じる人も多いんじゃないかな・・・

そこで、2021年に兵庫県理学療法士協会が行ったPTの将来の働き方についてのアンケートをもとに、女性PTが働き続けることに対してどう感じているか紹介します。

女性は何歳までPTとして働きたいか【アンケート結果】

兵庫県のPT621人(うち女性187人)を対象に、何歳までPTとして働きたいですかというアンケートをとりました。

その結果がこちらです。

兵庫県理学療法士資料調査部資料より抜粋
女性は何歳までPTとして働きたいか
  • 21~30歳:25%
  • 31~40歳:37%
  • 41~50歳:13%
  • 51~60歳:19%
  • 61~70歳:6%
moco

約6割の女性PTが働き続けるなら40歳までと考えているんだね。

女性PTは10年後も働き続けているイメージを持てない人が多い

もう1つ、PTとして5年後、10年後に働くイメージはあるかという問いに対する回答がこちらです。

兵庫県理学療法士資料調査部資料より抜粋
女性は5年後、10年後に働くイメージはあるか
  • 5年後に働くイメージが・・・
    →ある:56%、ない:44%
    ≫理由:給与・収入に対する不安、身体的な不安
  • 10年後に働くイメージが・・・
    →ある29%、ない71%
    ≫理由:身体的な不安、給与・収入に対する不安、PTの将来性に対する不安
moco

多くの女性PTが体力的な不安などを理由に、働き続けることに不安を感じているんだね。

厚労省のデータと照らし合わせてみると、体力的な不安を感じながらもPTとして働き続ける女性の割合は多いことがわかります。

理学療法士として女性は居心地の良い働き場所を探し続ける

悩んでいる人

年齢とともに体力的な不安が増えてくる中で、女性PTはどのように働き続けているの?

それは、女性PTの多くが体力面やライフスタイルに合わせて居心地の良い職場を探しながら働き続けています

PTの平均勤続年数は6.2年と他職種より短いです。専門資格ということもあり、自分の健康状態や置かれた環境に合わせて働き方を変化させやすい職業です。

働き方を変えたいなと感じた女性PTに人気の職場は次の4つです。

  • 訪問リハビリ
  • デイケア
  • デイサービス
  • 地域包括支援センター
moco

病院やクリニックよりも、介護分野の職場が体力的に不安のある女性PTには人気みたい!

子育てしながら働きやすい職場も合わせてチェックしたい人は、子育てしながら働きやすい職場を選ぶためのポイントを参考にしてください。

体力に自信がなくなった女性理学療法士は訪問リハがおすすめ

moco

体力に自信がないなと感じてきた女性PTには訪問リハがおすすめ!

訪問リハで働くメリットとデメリットは次の通りです。

訪問リハのメリット
訪問リハのデメリット
  • 業務時間を調整しやすい
  • 時間単価が良い(インセンティブも狙える)
  • 休みを固定化しやすい
  • 利用者さんに寄り添ったリハビリを提供できる
  • 同じような境遇の同僚が多い
  • 介護分野の幅広い知識が身につく
  • 人数がそろっていない事業所は休みにくい
  • ある程度の知識と経験が必要
  • 楽な移動手段を考えておく必要あり
  • 利用者さんの劇的な機能回復は期待できずやりがいを感じられない人もいる
  • 訪問先のお宅の環境は様々
  • いまの職場で働き続けるための体力に自信がない
  • だけどPTとして働き続けたい
  • 自分のライフスタイルに合わせた働き方を選択したい
  • せっかくだから給料もしっかりもらえるほうがいいな

そんなあなたには、訪問リハで働くのにピッタリかもしれません。

訪問リハについてもっと知りたい方は、訪問リハビリで働く魅力と仕事内容を参考にしてください。

女性理学療法士におすすめの転職サイト

いま働いている職場を変えたいなと感じた女性PTにおすすめの転職サイトはこちらです。

PTOTSTワーカー
実績No.1の転職サイトを選びたい人におすすめ

PTOTSTワーカー

公式https://ptotst-worker.com/

  • 業界求人数・紹介実績ともにNo.1
  • 病院・クリニックの求人に強い
  • 転職活動の手厚いサポート
  • LINEで気軽に相談できる

\ かんたん3分で登録完了/

※簡単1分で登録可能


PTOT人材バンク
豊富な求人を紹介して欲しい人におすすめ

PTOT人材バンク

公式https://www.ptotjinzaibank.com/

  • 実績豊富な老舗エージェント
  • 介護分野、訪問、小児の求人に強い
  • ハローワーク求人が検索できる
  • 医療・介護業界に精通したアドバイザー多数

\ かんたん3分で登録完了/

※簡単1分で登録可能


マイナビコメディカル
手厚い転職サポートを受けたい人におすすめ

マイナビコメディカル

公式https://co-medical.mynavi.jp/

  • 関東・東海地方の求人数豊富
  • マイナビ独自の転職ノウハウで安心のサポート
  • 転職初心者や若手の転職おすすめ

\ かんたん3分で登録完了/

※簡単1分で登録可能


理学療法士じゃなくたっていい!一般転職の道もある

もう1つの選択肢として、PTという資格に縛られることなく、もっと自由で興味のある仕事に挑戦してみるのはいかがでしょうか。

悩んでいる人

せっかく高い学費払って取得した資格だから、辞めてしまうのはもったいない・・・

こう感じてしまう人も多いかもしれません。

しかし、せっかく人生の多くの時間を費やす仕事。自分が興味を持てること、やってみたいことに挑戦していくのも全然ありです!

いきなり一般職への転職が不安という人は、非常勤PTとして働く頻度を落としながらほかの分野の勉強に挑戦!

徐々に一般職へシフトチェンジとかも全然挑戦してみる価値ありです。

moco

新しいキャリア選択に興味のある方は、女性PTの妊娠・出産後のセカンドキャリアを読んでみてね!

まとめ|居心地の良い働き方を探してみよう!

今回は、女性理学療法士は何歳まで働き続ける?についてお話ししました。

本記事のまとめ
  • 女性PTの多くが10年後、20年後働き続けることに不安を感じている
  • 一方で居心地の良い働き方を模索しながらPTを続ける人も多い
  • 体力に不安のある人は訪問リハがおすすめ
  • PTという職業に縛られることなく自由に働くのもあり!

一度立ち止まって、理学療法士として、1人の女性としてのこれからのキャリアを一度考えてみてはいかがでしょうか。

moco

最後まで読んでいただきありがとうございました。

目次