MENU

\ ご覧いただきありがとうございます /

この記事の監修者

moco 

病院勤務の理学療法士(経験8年目)。『理学療法士が自分らしく働く』をコンセプトにNICOJOBを運営。信頼できる情報発信を心がけています。

詳しいプロフィール

理学療法士・PTの【楽な職場】5選はこちら!

PR:アフィリエイト広告を表示

悩んでいる人

理学療法士の仕事がしんどい。のんびり働ける楽な職場ってどこ?

理学療法士の仕事、「しんどいなぁ、辛いな」と思うことありますよね。

しんどい仕事を我慢して働き続ければ、肉体的にも精神的にも悪影響を与えます。

楽な職場で働くことで、自分のペースで働くことかでき心にゆとりが生まれます。

本記事では、理学療法士の楽な職場5選と楽な職場の選び方について解説します。

moco

自分にぴったりの楽な職場がみつかりますよ!

楽な仕事まとめ
  • 理学療法士の楽な仕事5選
    • 療養型病院
    • デイサービス
    • デイケア
    • 介護老人保健施設
    • 訪問リハビリ
  • 楽な仕事探しには転職サイトを活用
  • おすすめは求人数No.1の

\ 簡単1分で登録完了/

※登録後も一切料金はかかりません

この記事の監修者

moco 

病院勤務の理学療法士(経験8年目)。『理学療法士が自分らしく働く』をコンセプトにNICOJOBを運営。信頼できる情報発信を心がけています。

詳しいプロフィール

目次

理学療法士にとって楽な職場とは?

悩んでいる人

理学療法士にとって楽な職場ってどこ?

はじめに、楽な職場の条件について深堀りしていきます。

理学療法士が求める楽な職場の条件

理学療法士にとって楽な職場の条件を大きく3つの要素でしてみました。

体力的に楽

  • リハビリ時の介助負荷が少ない
  • 介入単位数に無理がない
  • 付帯業務が少ない
  • リハビリ間の移動が楽
  • 業務ルーティンがある程度決まっている

精神的に楽

  • 周りに相談しやすい
  • 責任・プレッシャーが少ない
  • 先輩・上司から高圧的でない
  • 患者さんからのクレームが少ない
  • 他職種連携・調整が少ない
  • 患者さんの症状が安定している

時間的に楽

  • 年間休日が十分にある
  • 有給休暇を取りやすい
  • 残業が少ない
  • 勉強会への参加・学会発表が強制ではない
  • 勤務時間が短い
moco

自分が求める楽な条件を明確にしてみましょう!

すべての理学療法士にとって楽な職場はない

基本的に、「体力的・精神的・時間的」これら全てを網羅する職場はほぼないと思った方がよいです。

楽な職場を求めるときに大切なことは、自分が「どこ」にしんどさを感じていてどんな」しんどさを取り除きたいのかをまず知ること。

人によって楽と感じるポイントは違います。

まずは、自分の求める「働きやすさ」の条件に優先順位をつけてから、職場探しをはじめることが大切です。

moco

わたしは「時間的に楽」な職場が第一優先!

理学療法士におすすめ楽な職場5選

理学療法士におすすめの楽な職場5選
悩んでいる人

楽な職場の要素はわかったけど、具体的にはどの職場が楽なの?

こんな方に向けて、理学療法士が比較的楽に働ける職場を5つ紹介します。

楽な職場5選

体力面 精神面 時間面
療養型病院
デイサービス
デイケア
老人保健介護施設
訪問リハビリ

療養型病院

1つ目は、療養型病院です。

体力面 精神面 時間面
療養型病院

療養型病院が楽な理由はこちら。

  • 業務がルーティンワーク化しやすい
  • 急変リスクや突発的な業務が少ない
  • 比較的落ち着いた環境で業務ができる
  • 土日祝休みの病院も比較的多く、休みもとりやすい

デイサービス

2つ目は、デイサービス(通所介護)です。

体力面 精神面 時間面
デイサービス

デイサービスが楽な理由はこちら。

  • 業務がルーティン化しやすい
  • 集団リハビリがあり、1日あたりに個別担当する対象者は少なめ
  • 残業が少ない
  • 急変リスクが少なく、落ち着いて業務に当たれる

理学療法士がデイサービスで働く場合は、機能訓練指導員として働くかリハビリ特化型デイで働く方法があります。

デイケア

3つ目は、デイケア(通所リハ)です。

体力面 精神面 時間面
デイケア
  • 症状が落ち着いている利用者が多く、落ち着いて業務に当たれる

介護老人保健施設

4つ目は、介護老人保健施設です。

体力面 精神面 時間面
老人保健介護施設

デイケアが楽な理由はこちらです。

訪問リハビリ

5つ目は、訪問リハビリです。

体力面 精神面 時間面
訪問リハビリ

訪問リハビリが楽な理由はこちらです。

  • 移動手段がネックであるが、移動間でリフレッシュできる
  • スタッフと関わることが少ないため人間関係の悩みが少ない
  • 慣れれば自分のペースで業務に当たれる
  • 希望のシフトで働きやすい

理学療法士が楽な職場を選ぶときの3つの注意点

理学療法士が楽な職場を選ぶときの注意点は3つあります。

  • 給料が低くなる可能性がある
  • スキルアップしにくい
  • やりがいを感じにくい

給料が低くなる可能性がある

1つ目は、楽な代わりに給料が低くなる可能性があるという点です。

実稼働の少ない楽な職場では、リハビリの売り上げも少なく、基本給が低めに設定されている場合が多いです。

moco

高年収で楽な職場に出会える確率は低いかも・・・

スキルアップしにくい

2つ目は、スキルアップしにくい可能性がある点です。

楽な職場は、忙しい職場と比べると日々の業務がシンプルで業務内容も限られることが多いです。

また、急変時の対応や最新のリハビリ医療に触れる機会も少なく、理学療法士としての知識・技術を身につける点では一歩遅れがち。

moco

将来のためにスキルアップしておきたいという人には向いていないかも。

やりがいを感じにくい

3つ目は、理学療法士としてやりがいを感じにくいと思うことが増える点です。

楽な職場は、業務がルーティンになっていたり、突発的なことが少なく淡々と業務をこなせるのが特徴です。

人によっては業務が退屈、やりがいを感じない場合があります。

理学療法士の楽な職場の探しは転職サイトの活用がおすすめ

理学療法士転職サイト3社
悩んでいる人

理学療法士の楽な職場はどうやって探したらいいの?

こんな方は、理学療法士の転職サイトを活用してみましょう。

転職サイトがおすすめな理由
  • 全国各地の数万件の求人を検索できる
  • 転職のニーズを伝えておけば、自動で条件に合う求人を紹介してもらえる
  • 一般には出回っていない非公開求人も豊富(レア求人の可能性アリ)
  • 求人の詳細(職場の雰囲気、勤務実態など)の情報も事前に教えてもらえる

理学療法士におすすめの転職サイト厳選3社はこちらです。

おすすめ理学療法士転職サイト

大手マイナビならではの質の高い転職サポートが好評!求人の量・質ともに高い

>>マイナビコメディカル

ハローワークの求人あり!他社にない非公開求人が豊富(地方の転職にもオススメ)

>>PTOT人材バンク

求人数No.1!好条件の求人をたくさん紹介(はじめに登録するならココ)

>>PTOTSTワーカー

moco

どれが自分に合うかわからない!という方は、に登録すれば間違いないです。

PTOTSTワーカーは、

  • 公開求人数No.1
  • 非公開求人も豊富でレア求人に出会えるかも
  • 専門のアドバイザーによる転職サポートが手厚い
  • すべてのサービスを無料で利用できる

登録は簡単1分でできます。気軽に求人探しからしてみましょう!

>>PTOTSTワーカーに無料登録する

理学療法士の転職サイトについて、より詳しく知りたい方は下記の記事をぜひ参考にしてください。

まとめ|自分に合った楽な職場を見つけよう

今回は、理学療法士にとって楽な職場について解説しました。

今、「仕事が辛いな、しんどいな」と感じている方は、自分のペースで働ける楽な職場に転職してみるのは1つの手段です。

自分がいま「何に辛いと感じているのか」、転職によって「どうなりたいのか」を考えてみることから始めてみましょう!

moco

求人探しは転職サイトを活用すると、効率よく進めることができるよ♪

\ 簡単1分で登録完了/

※登録後も一切料金はかかりません

最後までご覧いただきありがとうございました。

目次